学校概要

会長挨拶

公益社団法人滋賀県私立病院協会
会長 小椋英司

平成3年4月に開校し創立30周年を迎えた滋賀県堅田看護専門学校は、公益社団法人滋賀県私立病院協会が3年課程の看護師養成所として設立したものです。
当協会は、地域に密着した民間病院としての特性を生かし地域医療の要として県民の健康保持と社会福祉の増進に寄与することを目的に学校を運営しています。
医療を取り巻く環境が大きく様変わりする中にあって、私たちはそれぞれの地域の患者さんにとって身近な存在となり、「チーム医療」のキーパーソンとして活躍できる豊かな人間性を兼ね備えた人材の入学をお待ちしています。

学校長挨拶

学校長 井上美代江

本校は平成3年(1990)年に開校しました。本校の卒業生は、1,000名を超え、その多くは滋賀県下の病院に就職し活躍しています。
本校の教育理念は、基礎的知識・技術・態度を習得し、生涯学習を続けていく看護の実践者を育成することです。看護師を目指す学生が、目的を達成できるよう一人一人を大切にしてサポート致します。「看護職」は、人々の心身の健康を守り、社会に貢献するとともに、人生を豊かにするやりがいのある仕事です。
今後も、さらに地域に根ざした看護学校を目指し、教職員が一丸となり取り組んで参ります。

教育理念

看護は、生命の尊重と人間愛を基盤に成立するものである。
そして看護の目的は、健康・不健康を問わず、人間個々がよりよい健康生活を送れるように援助することである。
その看護活動は人間関係を基盤にし、あらゆる健康の段階にある対象の問題解決を図ることにある。
そのための基礎的知識・技術・態度を習得し、生涯学習の可能な看護の実践者を育成することが本校の教育理念である。
したがって、基本方針は、青年期にある看護学生がその成長発達過程を達成できるよう、教育的に関わることである。
そうして深く人間性に根ざした看護観を持ち、主体的かつ自主的に努力と課題達成に向けて生きていけるよう、
その関係性を重視した教育実践を行う。

教育目的

人間尊重の精神を教育理念の基調とし、学校教育法及び保健師助産師看護師法に基づき、
看護師として必要な知識および技術を教授し、広く社会に貢献できる有能な人材を育成する。

教育目標

  1. 人間を尊重し、感性豊かな人間性を養う。
  2. 看護の対象である人間を理解し、看護上の問題が解決できる能力を養う。
  3. 保健医療チームの一員として看護の役割を認識し、看護を実践することができる。
  4. 看護の本質を理解し、自らの看護に対する考え方を明確にすることができる。
  5. 専門職業人としての自覚を持ち、自己啓発に努め、看護を探求する態度を身につけることができる。

校章の由来

歴史ある堅田の地より、看護師として、人として素晴らしい人材を送り出したい。
マーガレットの花言葉である”誠実な心”を常に持ち、ともに手をとり助け合い、成長していくことのできる
滋賀県堅田看護専門学校でありたい。

教訓

社団法人滋賀県私立病院協会の初代会長であり、学校長をつとめた故・加藤明先生が、平成3年の開校にあたり提唱した建学の理念です。

校歌

kouka

友吉唯夫先生 作詞  玉井明先生 作曲