Top  >  新着情報  >  戴帽式を終えて

新着情報

戴帽式を終えて 〜戴帽生のメッセージ〜

戴帽式を終えたクラス委員のTさんとDさん、学生図書委員長のMくんに話を聞きました。


(写真左から、Mくん、Dさん、Tさんです)


Q.看護師を志した動機はなんですか?

Tさん:私は何か人の役に立つ職業に就きたいと思っていたのですが、一番大きな理由は
 弟が入院したときに、話を聞いてくださったり、一緒にいてくださったりして、少しでも私の
 不安を和らげようとしてくださった看護師さんがいらして、私もこんなふうになりたいと
 思ったからです。
Dさん:一人でも多くの患者さんに笑顔になってほしいと思ったからです。
Mくん:祖父が入院したとき、親身になって祖父のことを看てくださった看護師さんを見て、
 自分も誰かの役に立てる人間になりたいと思い、看護師を志しました。


Q.本校に入学して、変わったことはありますか?

Tさん:高校までとはまったく違っていて、専門分野の勉強は大変ですが、同じ目標をもつ
 仲間がいて、年齢層も広いので、いろいろな考え方ができるようになりました。入学後は
 「看護師になる」というゴールを目指して日々努力しています。
Dさん:クラスメイト(仲間)の存在の大きさ、大切さに改めて気づかされました。同じ夢に
 向かって学んでいる仲間だからこそ、辛いとき苦しいときも分かり合えると思います。
Mくん:一番に健康に気をつけるようになりました。また、親兄弟が似た職業に就いているの
 ですが、仕事の大変さが少し理解できるようになりました。


Q.戴帽式にあたり、決意したことを教えてください。

Tさん:看護師を目指す者としての自覚をしっかり持とうと、あらためて決意しました。
Dさん:「自分の目指す看護師とは?」と、もう一度考えました。
Mくん:途中で挫折することなく、より一層学んで専門知識を習得し、看護師になることを
 あらためて決意しました。


Q.戴帽式を終えて、印象に残ったことはありますか?

Tさん:ナースキャップをつけていただき、キャンドルに灯をともして並んでいるととても緊張
 しましたが、壇上で”今なりたい自分になれているか?”と考えたり、これからこの21期生の
 みんなと助け合い、成長していきたいと思いました。戴帽式はステキで、感動的でした!
Dさん:忙しい毎日に夢を諦めかけそうになったこともありましたが、ナースキャップをつけて
 いただき、ナイチンゲールから灯をもらったとき、この灯を絶やすことなく抱き続けられる
 ように頑張っていこうと思いました。
Mくん:一生に一度の儀式に臨めることの誇りと同時に、厳粛な雰囲気に身の引き締まる
 思いでした。


Q.将来はどのような看護師になりたいですか?

Tさん:明るく元気、笑顔がすてきな心優しい看護師になりたいです。
Dさん:患者さんやご家族、すべての人に頼りにされる看護師になりたいです。
Mくん:患者さんの気持ちに添える、誠実な看護師になりたいと思っています。


戴帽式で決意したことを忘れず、いつか患者さんに愛される看護師さんになってほしいですね!

(第21期生の戴帽式に関する記事は以上です)

2012年06月15日