Top  >  新着情報  >  オープンキャンパス2012開催報告

新着情報

オープンキャンパス2012を開催しました

8月3日、オープンキャンパスを開催しました。よく晴れた、とてもとても暑い午後でした。

玄関ホールの受付では、担当した1年生が緊張しながら慎重にご案内しました。


全体説明会です。講堂はほぼ満席で、本校への関心の高さがうかがえます。

在校生による校内案内、終点は図書室でした。あとは、参加者それぞれに興味あるコーナーをまわっていただきます。

図書室ではまず、展示された3年分の教科書にびっくり。学生図書委員長のMくんと司書がご案内しました。看護や医療に関する本の展示もあり、足を止めて本のページをめくっている人もいます。

血圧測定体験を担当した2年生は、”一度にこんなに大勢の人の血圧を測ったのは初めて!”と言いました。
 

赤ちゃん人形の抱っこを体験していただきました。少子化の現在、なかなか赤ちゃんを抱っこする機会はありません。モデル人形とはいえ抱っこした重みは赤ちゃんそのものです。

妊婦体験の一場面です。臨月の妊婦さんは床に置いてある物を拾うことができません。体験してみないとわからないことですね。参加の記念に「はい、チーズ!」
  


このほかにも、高齢者体験コーナー学生手づくりの福祉用具の展示など、さまざまなコーナーがありました。

今回は、学校協力病院および実習協力病院の合同病院説明会も併催していました。こちらもかなりの盛況ぶりで、病院担当者と参加者が熱心に話し合っていました。

オープンキャンパスでは、教職員だけで実施するのではなく、本校の雰囲気を感じていただくために在学生にも協力してもらいました。ちなみに、写真左は2年生でモデル人形のさくらさんと一緒に。右は1年生。どちらも全員ではありません。お疲れさまでした!
 

参加者の皆様、本校にどのような印象をお持ちになられたでしょうか。暑いなか、お越しいただきありがとうございました。

2012年08月17日