Top  >  新着情報  >  演習風景C

新着情報

災害発生時の応急処置を学びました

12月5日は2年生が履修する災害看護と国際看護の授業で演習がありました。担当は海外での看護経験があるM講師です。今回は災害発生時にけがをした人への応急処置として、出血を止める方法、骨折部位の固定、搬送の方法などを学びました。


医療資材が不足していても、身近にある物を代用して適切な処置ができるということを学んだ演習でした。

2012年12月13日