Top  >  新着情報  >  ワークショップ

新着情報

看護を考えるワークショップ

3月4日、成人看護学実習Tを終えたばかりの2年生は実習を振り返るため、看護を考えるワークショップを行いました。実習グループごとに企画したものです。

こちらは小道具を使って看護に必要な感覚を考えてみるグループです。箱の中身はなぁに?手触りはどんな感じかな?

 

看護学生と受け持ち患者さんとの一場面を再現し「あなたならどんな言葉をかけますか?」と、みんなで考えてみるグループもありました。
 

初めてのワークショップにしてはなかなか工夫されていました。楽しく学べてよかったですね。

2013年03月12日