Top  >  新着情報  >  第22期生戴帽式:前編

新着情報

第22期生戴帽式を挙行しました:前編〜戴帽の儀ドキュメント〜

梅雨の晴れ間の6月7日、本校講堂にて第22期生の戴帽式を挙行しました。
校歌斉唱に続いて、戴帽の儀が始まります。
戴帽の儀の始まりは点火の儀です。畑井学校長が大きな燭台を手に入場し、壇上のナイチンゲール像の蝋燭に灯をともします。


呼名された戴帽生が前に進み出てひざまずき、H教員にキャップをつけてもらいます。
キャップをつけられた戴帽生は小さな燭台を受け取り、ナイチンゲール像から灯をいただいて壇上に並びます。
 


誓いのことば

私たち22期生は、思いやりの気持ちを持って、
初心を忘れることなく、笑顔で患者様に寄り添い、
信頼される看護師をめざします。
どのような困難も仲間とともに助け合い、
支え合いながら乗り越え、
知識・技術・感性を磨き、
誠実な看護を行うことを誓います。

 
 

戴帽生全員で誓いのことばを唱和すると、燭台の灯を手にして席に戻り、戴帽の儀は幕を閉じました。
後編に続きます≫

2013年06月12日