Top  >  新着情報  >  戴帽式を終えて

新着情報

戴帽生からのメッセージ〜戴帽式を終えて〜

先日の戴帽式を無事に終えた戴帽生を代表して、クラス委員のTさん(写真右)とHさん(写真左)に現在の心境をききました。


Q.看護師を志した動機を教えてください。
Tさん
 祖父や祖母が入院したときに看護師さんが優しく接してくださっているのを見て、私も人の役に立つ仕事がしたいと思いました。
Hさん 母が交通事故に遭ったとき、何もできずに泣いているしかなかったのですが、献身的に看護してくださる看護師さんを見て悔しいような思いをしたことが看護師をめざすきっかけになりました。以前は母の恩返しがしたいと思っていましたが、今では人の役に立ちたいと思っています。

Q.本校に入学して、変わったことはありますか?
Tさん 生活が規則正しくなりました。また、風邪などをひかないよう体調管理をするようになりました。
Hさん 百均に足を運ぶことが増えました(笑)。そして何よりこれまでとは違い看護学校には幅広い年齢層の学生がいて、さまざまな社会経験をしておられるので、考え方や行動、物事の捉え方を学びながら、これまでの自分を変えていきたいと考えられるようになりました。

Q.戴帽式にあたり、決意したことはなんですか?
Tさん 看護の道に進むことをあらためて決意しました。
Hさん 入学して約1年半、ここが新たなスタートと思い、看護をめざしていく者として自覚を持ち、日々努力していくことを決意しました。

Q.戴帽式を終えて、感想や印象に残ったエピソードを紹介してください。
Tさん 無事に戴帽式を終えることができホッとしています。ナイチンゲール像からキャンドルの灯をうつすときに一番緊張しました。
Hさん 私が今こうして戴帽式に出られたのは、先生や家族、クラスメイトの支えがあってこそだなとあらためて思いました。ナースキャップをつけていただき、キャンドルに灯がともり、壇上に立ったとき、この学校に入学できて本当に良かったと思いました!

Q.将来は、どんな看護師になりたいですか?
Tさん みんなで唱和した「誓いのことば」のとおり、思いやりの気持ちを持って初心を忘れることなく、笑顔で患者様に寄り添い信頼される看護師になりたいです。
Hさん 笑顔が素敵で、患者さんに安心感を与えられる看護師になりたいです。

戴帽式を終え、ここが新たなスタートライン。22期生みんなで看護師になる!と決意のイエーイ!

2013年06月17日