Top  >  新着情報  >  看護を考えるワークショップ

新着情報

看護を考えるワークショップがありました

3月13日、成人看護学実習Tのまとめとして「看護を考えるワークショップ」があり、実習グループごとに「看護とは何か」を考えました。

 
ひとりひとりの患者さんに合わせた看護の大切さを訴えるために工夫したグループや、紙芝居を使ったグループも。
 
また、実習で信頼関係を築くことが難しかった患者さんへの看護を実習室で再現、撮影した映像を流して、どうすれば適切だったかをみんなで考えたグループなどがありました。

2014年03月31日