Top  >  新着情報  >  戴帽式C戴帽生より

新着情報

戴帽生からのメッセージ 〜戴帽式を終えて〜

戴帽式を終えたクラス委員のNさん(写真左)とMさん(写真右)に、現在の心境を聞きました。


 
Q.看護師を志した動機を教えてください
Nさん 子どもの頃に入院して、夜中に急に具合が悪くなって心細く感じていたときに看護師さんが私の手を握ってくれたのが嬉しくて、そのとき看護師にあこがれました。
Mさん 訪問看護師さんが自宅で祖父の看護をしてくださる様子を見て、私もいつか同じように多くの人を元気にしたいと思っていたところ、家族が看護師になってはどうかとすすめてくれました。

Q.本校に入学して変わったことはなんですか?
Nさん まず、「わからない」ことが「わかる」ことの喜びを知りました。また、社会人として働いていたときよりも自分の将来を考えることが多くなり、自分のなりたい姿が学校生活の中で明確になってきました。
Mさん クラスメイト全員が「看護師になりたい」という同じ目標を持っているため、勉強に対する意欲が変わりました。看護学校の勉強はとても内容が深く難しいですが、友人と一緒に勉強すれば早く理解できて、楽しく感じます。また、看護師はチームでの情報共有や問題解決をする職業ですから、仲間がいて良かったと思いました。

Q.戴帽式にあたり、決意したことはなんですか?
Nさん もう一度「なりたい自分」を再確認し、「なりたい自分」になるために自分が今やるべきことは何かを考えて、慣れで緩みかけた気持ちを引き締め、日々学習しようと決意しました。
Mさん 入学したときの気持ちや看護師像を思い出して、学生生活を送ろうと思いました。

Q.戴帽式を終えて、感想や印象に残ったことはありますか?
Nさん 戴帽式の最中はずっと自分のなりたい看護師像を考えていました。また、灯をともした燭台を手に誓いの詞を唱和したとき、私はこの瞬間を一生忘れないと感じました。
Mさん 戴帽式でナースキャップを戴き、ナイチンゲール像から灯をいただいたことで、「看護師になりたい!」という気持ちがぐっと湧いてきました。また、みんなで誓いの詞を唱和したときには、この言葉を絶対に忘れず、今まで習った知識や技術はもちろん、これから学ぶ知識や技術をしっかりと活用し、安全で安心・安楽な看護を提供できるようになりたいと思いました。

Q.将来はどんな看護師になりたいですか?
Nさん 私は、「人の心に寄り添うことのできる看護師」になりたいです。そのためには、患者さんに「ほっとする」と感じていただけるような温かい心をもち、患者さんの気持ちにそっと共感したいです。
Mさん 初めての実習の前に、ある先生より「実習中に目標とする看護師をみつけておいで」と言われて、実習先で出会った主任さんのような看護師になりたいと思いました。その主任さんはとても優しくて、患者さんを第一に考えておられました。患者さんの個別性や気持ちを理解して援助し、コミュニケーションされている様子を見て、私も同じような看護師になろうと思いました。

2014年06月28日