Top  >  新着情報  >  卒業研究発表会

新着情報

平成26年度卒業研究発表会がありました

9月8日、3年次の卒業研究発表会がありました。内容は、これまでの領域別実習で受け持たせていただいた患者さんへの看護を振り返る「症例研究」です。夏休み返上で取り組んだ研究の成果を、講堂と多目的室に分かれてひとりずつ発表しました。

  
パワーポイントを用いて発表し、実際の退院指導に使われたパンフレットも映し出されました。
発表1群ごとに質疑応答と座長によるまとめがありました。
  
最後に教務主任と担当のN教員より講評があり、発表者へのねぎらいと、今後に向けたアドバイスがありました。
 
研究論文を作成するにあたっては、受け持たせていただいた患者さんのことと自分の看護を見つめなおし、さまざまな文献を読んで考察を深めます。約2か月の間、教員から助言を受けたり、図書室に通ったり、パワーポイントと格闘している姿が多くみられました。研究の過程では”生みの苦しみ”を味わっていた3年次ですが、研究論文が完成し、研究成果を発表できたことで、看護師にまた一歩近づいたのではないでしょうか。
後期の領域別実習がもうすぐ始まります。研究での学びが患者さんへの看護に生かされますように。

2014年09月12日