Top  >  新着情報  >  平成27年度入学式

新着情報

平成27年度入学式を挙行しました

花冷えの4月9日、本校講堂にて平成27年度入学式を挙行しました。新入生は第25期生49名です。
開式の詞、校歌斉唱のあと、1年次担当のH教員より1名ずつ呼名され、学校長より入学が認証されました。
 


 
学校長式辞では、家城美千代学校長より新入生に対し望むこととして、「学生としての本分である学業にどれだけ真剣に取り組めるかが、人の命を守ることに繋がるということを心してください」。そして、患者さんやそのご家族との信頼関係を築くため、「これから出会う多くの人々との出会いを通して、豊かな人間性を身につけていただきたいと思います」と述べました。

 
学校設立母体である公益社団法人滋賀県私立病院協会長の祝辞では、間嶋孝会長から「看護というものは、学んだ知識や技術を詰め込むだけでなく、立派な看護師となるため人と人との人間関係も学んでいただき、一個人としても成長していただけたらと思っております」と期待を込めたメッセージをいただきました。
 

 
ご来賓を代表して、大津市長の越直美様(代読は菅原弘一大津市健康保険部長)よりご祝辞を賜りました。

 
入学生誓いの詞では、新入生代表のSさんが「日々進歩してゆく医療に対応できる看護師になれるよう日々努力を惜しまず学業に取り組んでいきたいと思います」と決意を述べました。
 
 
 
在校生歓迎の詞では、在校生代表のSさんが先月の実習最終日に患者さんから「がんばって」と声をかけていただいたことが嬉しく、看護師になりたいという気持ちをさらに強くしたというエピソードを紹介し、「学校生活や学習していくなかで悩んだり、困ったりすることがあれば遠慮なく私たちに聞いてください」とやさしく語りかけました。
 

 
実習受入病院ならびに同窓会よりお祝いの花束をいただきました。
 

 
こうして、また25年目の春が巡ってきました。

2015年04月10日