Top  >  新着情報  >  戴帽式C戴帽式を終えて

新着情報

戴帽式を終えて 〜戴帽生からのメッセージ〜

無事に戴帽式を終えた3名の戴帽生に話を聞きました。協力してくれたのは、現役入学生を代表してHさん(写真右)、社会人入学生を代表してTさん(写真中央)、男子学生を代表してWくん(写真左)の3名です。


Q.看護師を志した動機を教えてください
Hさん 私は、入院した母の手を握りしめた看護師さんのように人を勇気づけ支えられる人になりたいと考えていました。そして、高校3年の夏に先輩が事故で亡くなり人の命の大切さを改めて実感し、ひとりでも多くの人の命を守るため看護師になりたいと思いました。
Tさん 私は、入学前は看護助手として働いていたのですが、目の前の患者さんに何かしたいという思いをもっていても、資格も知識も技術もないために何もできないことを歯がゆいと感じていました。患者さんのために役立てる人になりたいと思ったのがきっかけでですね。
Wくん もともと、病院で働くことに憧れがありましたが、父が癌を患った際に病院や在宅での看護にふれ、自分もこのような仕事に就きたいと思いました。また、異性から清潔や排泄の介助を受けることを嫌がる父を見て、看護は男性も活躍できる場であると感じたことも動機のひとつですね。


Q.本校に入学してから1年あまりですが、何か変わったことはありますか?
Hさん 幅広い年齢層のクラスメイトと接することによって、自分の見方、考え方、視野が広くなり、コミュニケーション能力が向上し、人間的にも成長できていると思います。
Tさん 実際に医療現場に勤務されている先生方の講義を受けて、想像以上に大変な道にいるんだと痛感することが多いですが、年齢の違うクラスメイトや周りの人の支えでやってこれていると思います。家族を含め、人と人とのつながりをより強く感じるようになりました。
Wくん 生活面では体調管理に気をつけるようになりました。また、看護と医療の勉強はとても幅広く大変ですが、どれも興味深く楽しさを感じています。クラスメイトとは2年目に入って勉強に関して話し合うことが増えたと感じています。お互いにわからないところを教え合うことで、知識の幅がより広がるようになりました。
 

Q.戴帽式にあたり、決意したことを教えてください
Hさん 専門的な勉強や臨地実習で挫折しそうなときには「誓いの詞」を思い出して、何があってもめげずに取り組んで看護師になろうと強く決意しました。
Tさん 毎日勉強に追われていると、何のためにいま勉強しているのか見失いそうになることがありますが、もう一度初心にかえって、入学前の気持ちを忘れずに勉強に取り組んでいこうと決意しました。
Wくん 皆で唱和した「誓いの詞」を成し遂げるため、しっかり勉強していこうと思いました。また、生涯医療従事者として働いて多くの患者さんに出会い、その方たちの力になれるよう日々努力することを決意しました。


Q.戴帽式を終えて、今の気持ちを聞かせてください
Hさん 1年次生全員を前にしての式典で、先輩としての意識がより高くなりました。また、両親にも来てもらえたことで、普段とは違う自分や、私が看護師になりたいと思う強い気持ちを改めて知ってもらえたと思います。
Tさん たくさんの人に祝っていただいて嬉しかった半面、ナースキャップには多くの意味がこめられているのだと実感しました。皆で誓ったように、看護の道を選んだ時の気持ちを思い出し、初心を忘れず、向上心をもって頑張りたいと思います。
Wくん 式を終えて、後輩や周囲の人々から「感動した」という言葉を多くもらいました。宣誓や足の運び方など戴帽式の練習は大変でしたが、ナースキャップに込められた意味を知り、学生間の意志を強くし、周りに感動を与えることのできる、とても奥深い式典だと思いました。戴帽式をしなくなった学校も増えつつあると聞きますが、本校では今後も続いていくといいですね。

Q.将来は、どんな看護師になりたいですか?
Hさん 正確な技術・知識をもち、患者さんはもちろんのこと、そのご家族にも気を配ることができ、笑顔を絶やさない、誰からも信頼される看護師になりたいです。
Tさん ひとりひとりに寄り添い、その人の変化に気づくことのできる看護師になりたいです。
Wくん 患者さんが気兼ねせず、悩みや心境を訴えてもらえるような存在になりたいです。また、患者さんの変化に敏感な観察力を持ち、やさしく丁寧な看護を心がけたいと思っています。


看護への真剣さが伝わる3人でした。戴帽式での気持ちをいつまでも忘れず、出会うすべての患者さんのために力を尽くしていってほしいですね。

2015年06月30日