Top  >  新着情報  >  スポーツ大会(前編)

新着情報

スポーツ大会がありました(前編)

6月25日、和邇体育館/グラウンドにてスポーツ大会がありました。
本校のスポーツ大会は健全な心身の育成を図るとともに協同する能力を養うために学生主体で行われる全員参加の行事で、2年次のスポーツ大会委員が中心になっての企画・運営です。領域実習中の3年次もこの日ばかりは合間を縫って参加します。
開会式は、学校長の挨拶と大会委員長の挨拶に続いて、1,2,3年次それぞれの代表による選手宣誓。

 

最初の種目はバレーボール。昔は腕を鳴らした教員チームも侮れませんが、若さに勝る3年次が勝ちました。
 


次はしっぽとり。めいめいが鉢巻を腰から下げて可愛らしいのですが、この競技は鉢巻の奪い合い。相手が先輩だろうが誰だろうが一切手加減はありません(笑)。
 

その次はバスケットボール。2回戦の1年次vs3年次は延長戦を1年次が制しました。決勝は3年次に競り勝った1年次がそのまま2年次を制して勝ちました。
  

おなじみドッジボールでは、立ち向かう人、逃げまどう人・・・。

借り物リレーでは、何かを(誰かを)借りてくるだけではなく、「○○さんと一緒にダンスをする」という楽しいお題も。
 

そして、午前の部、最後の競技は綱引きでした。学校長も2年次とともに綱を引きました。それに対して3年次はK教員を中心に息を合わせ、それぞれの筋肉収縮の筋繊維を鼓舞しようと「ミオシン(フィラメント)!アクチン(フィラメント)!」と叫びながら1・2年次を制しました。それにしても、なんて看護学生らしい掛け声なんでしょう!

 
 

午前の部だけでなんと6種目!ここまでスムーズに進行できたのはスポーツ大会委員さんの準備のおかげです。午前の部を終えて1位は2年次でした。最終順位はいかに。

2015年07月17日