Top  >  新着情報  >  実習指導者学習会

新着情報

臨地実習指導者学習会を開催しました

7月30日の午後、本校の教員と臨地実習施設の指導者の資質向上を目的に、県内看護学校関係者にも公開し、臨地実習指導者学習会を開催しました。今年は医学博士で弁護士の墨岡 亮先生を講師にお招きし、「SNSを含む個人情報の取り扱いに関する問題点について」というテーマでご講演いただきました。


まず、「SNSが危ない!」として、個人情報保護法が始まった経緯やSNSでの不適切な投稿の実例を紹介、SNSサービス事業者が謳っている「匿名性」と「限定公開」はそのサービスが世界中のサーバーを介したもので過信できないなど、その危険性が示されました。

次に、「守るべき指針」として、守秘義務、個人情報保護法、倫理規定の3点を説明されました。法律を遵守することはもちろんですが、個人情報の取扱いに関して看護職の基本に立ち返る内容でした。

最後に「漏洩事故の法的責任」として、漏洩事故が起きた場合の法律上の実質的な措置内容および具体的な対処法を教授してくださり、万が一、情報漏洩が発覚したときはただちに報告することが皆様の信頼を得る第一歩であると示唆されました。

私たちの周りは良くも悪くも情報に溢れています。本校におきましても、この機会に個人情報の正しい取扱いについて改めて周知徹底を図ってまいります。

2015年08月26日