Top  >  新着情報  >  聖湖祭2015≪後編≫

新着情報

聖湖祭2015レポート≪後編≫

≪前編より続く≫
午後からのステージ発表は盛り沢山です。
まず、1年次の出し物は、劇「ベイカキックス」。お断りしておきますが、ディズニー映画「ベイマックス」のパロディーではありません。始まりは「BOY」が病気にかかるところから。バイタルサイン測定で異常があると気づいた「カキマックス」は「BOY」の体内に入ります。そこでは、血液中の細胞たちが自らの免疫機能で「ウイルスちゃん」を撃退しようと戦いを繰り広げていました。

  

実は、病気の原因は「恋の病」で、結局どんな免疫機能も意味がなく「ウイルスちゃん」にフラれて終わりといったオチでした(笑)
  

次に2年次の出し物は、劇「臓器たちの未来は…いずこへ…」です。はじめに若くて健康な臓器たちが登場し乱れた生活をしています。未来になり、年老いて生活習慣病に蝕まれた臓器たちが若かりし頃を振り返り生活習慣の乱れを後悔しながらリハビリをしていると…、突然、リハビリの先生がアンパンマンに変身!
 

アンパンマンは年老いた臓器たちを伴い過去へタイムスリップ!若かりし頃の自分に生活習慣を正すようお説教を始めます。その結果、若い臓器たちは不摂生な生活を考え直し、最後は年老いた臓器たちとともに踊りながら去ってゆきました。
  

続いて、ゲーム「ベイビーミルク」。母親役が赤ちゃん役(よだれかけもしてます!)に哺乳瓶に入った飲み物(ジュースや青汁など!)を飲ませ、その速さを競うゲームです。学校長はじめ教員もゲームに加わって、げらげらと笑い転げる人続出。

続く有志発表では、なりきり尾崎豊の「15の夜」のほか、バラエティに富んでいます。
  
  

15:00になり、一般公開が終了しました。ご来場の皆様、ありがとうございました。

閉会式です。まず、2年次手づくりの福祉用具の投票結果の1位はYさんでした。
続いて学校長が中心になって聖湖祭を盛り上げた実行委員の労をねぎらいました。
  

聖湖祭2015の最後は、実行委員長Yさんの挨拶です。皆の協力に対してたくさんの「ありがとう」でしめくくりました。

今年の聖湖祭も無事に終了しました。
≪後日、収益金寄付のご報告および実行委員長の挨拶を掲載します≫

2015年10月23日