Top  >  新着情報  >  演習風景(1年次)

新着情報

臥床している患者さんの足浴について学びました

1年次が履修する生活援助技術Tでは、臥床している患者さんに対する足浴の演習が行われました。
まず担当のH教員によるデモンストレーション、患者役はモデル人形のさくらさんです。学生たちはひとつひとつの所作を見逃すまいと真剣です。

  
その後、グループに分かれて学生同士が交代しつつ演習を行いました。
 
  
演習を終えた学生たちは口を揃えて「気持ちよかった!」と言っていました。足浴は臨地実習でも受け持ち患者さんの安楽などを目的に援助させていただく機会の多い技術です。よく練習して患者さんにも「気持ちよかった!」と感じていただけるといいですね。

2015年12月04日