Top  >  新着情報  >  手洗い

新着情報

正しい手洗いを学びました

5月のある日、1年次生はM教員が担当する基本援助技術Tの授業で手洗いの演習をしました。正しい手洗いは感染防止のために医療者にとって大切な技術のひとつです。
今回はきちんと手洗いができているかどうか確認のために「グリッターバグ」という機器を用いて行います。

  

@専用の蛍光ローションを手全体にまんべんなく付ける
  ↓
A正しい方法で手を洗う(流水で)
  ↓
Bグリッターバグに手を入れて特殊な光を当てる
  ↓
C窓から覗き込むと洗い残し部分が光って見える
  ↓
D洗い残し部分がなくなるまでAに戻ってやり直し

洗い残しが目に見えることで、いかに正しい手洗いが大切かを学んだ演習でした。

2016年07月06日