Top  >  新着情報  >  防災訓練

新着情報

地域の防災訓練に協力させていただきました

9月25日、大津市衣川台自治防災部の平成28年度防災訓練の講師として本校より教員3名を派遣し、協力させていただきました。

本校が協力させていただくのは今年で2回目です。
自治会館で当日の防災訓練に関する全体説明のあと、住民の皆さんにご挨拶させていただきました。

公園に出ると、応急処置の明るさ確保のために照明機器を組み立てる人、自家発電機を起動させる人など、それぞれに役割分担をして、住民の皆さんで連携をとりながらテキパキと進められています。

「救出救助期」の一部として、災害の発生直後での住民間で行う「応急処置」に当たるところを本校教員で指導させていただきました。@担架での移送方法と注意点、A止血方法、B受傷部の固定についてです。
 
  
今年は3グループに分かれてお話をさせていただきました。日頃は看護学生に対し講義をしているとはいえ、やはりこうして一般の方の前でお話をさせていただくのは緊張するものですね(汗)。住人の皆さんの真剣な姿に身が引き締まる思いをしました。

「へぇ」「そうなんや」「ちょっとやってみて」「こんなときは…」など、住民の皆さんの意欲的な様子に、来年はもっともっと分かりやすくお話できるようになろうと強く思い、教員の担当時間は終了しました。
災害はないほうがよいですが、万が一の時に少しでも今日の経験が役に立てば良いと思いました。(H)

2016年11月16日