Top  >  新着情報  >  戴帽式C

新着情報

第20期生の戴帽式 その4 〜同窓生からのメッセージ〜

戴帽式終了後、同窓会会長代理として戴帽式にご参列いただいた
同窓会副会長で10期生のNさんにお話を伺いました。
現在9年目の看護師さんです。

Q.ご自分の戴帽式の思い出を教えてください。
A.入学し、日々看護の勉強を重ねて看護師になるという重みを実感していましたが、
  戴帽式を迎え、その重みをより一層感じました。
  「キャップの重み」について聞いていたものの、自分がいざ戴帽式でキャップを
  戴いた時には身の引き締まる思いがしたのを覚えています。
 

   


Q.戴帽式に参列した感想をお願いします。
A.新たな気持ちで真っ白なキャップを戴く姿を見て、こちらも初心を思い出し、
  看護師になろうと決意した日を思い出しました。

Q.戴帽生へメッセージをお願いします。
A.戴帽生の皆さん、おめでとうございます。
  これから一日一日が勉強です。専門職に就くということへの自覚を胸に、
  人としても日々成長され、すばらしい看護師になってください。
  辛い時、くじけそうな時は、今日の気持ちを思い出し乗り切ってください。
  将来、共に看護できる日を心待ちにしています。


2011年06月29日