Top  >  新着情報  >  聖湖祭2016後編

新着情報

聖湖祭2016レポート≪後編≫

≪前編より続く≫
聖湖祭、午後からは講堂にて有志のステージ発表がスタートしました。

1年次生の劇は「人体のしくみ〜口に入って出るまで〜」です。からだの部位を擬人化して、食べ物が口から入って消化され肛門から出るまでを楽しく表しています。
 

 

2年次生の劇は「ナイチンゲール物語」。ナイチンゲールがクリミア戦争にて野戦病院の劣悪な環境を改善し、敵味方なく傷病兵を救って「ランプを持った淑女」と呼ばれるまでのストーリーです。Kさんにナイチンゲールが乗り移ったかのようでした。
 
 
1・2年次生、劇の出演者の全員集合です。
 

ここからは1年次生の発表オンパレード!トップバッターは「アナと雪の女王」より、1年次Sさん(アナ)とKくん(ハンス)、そしてNくん(オラフ)の3人で、「とびら開けて」です。雰囲気出てますね!
 
ちょうどハロウィン直前だったので1年次女子は仮装して、薫と友樹、たまにムック「マル・マル・モリ・モリ!」のマルモダンスをかわいらしく踊りました。
  
続いて1年次男子も、ももいろクローバーZ「行くぜっ!怪盗少女」を思いっきり踊って、弾けています。
 
今度はママと赤ちゃんになりきって哺乳瓶の飲み物を飲み干す「ベイビーミルク」です。N教員も呼ばれて参戦しました。
 
有志のバンド演奏では、2年次がAKB48「GIVE ME FIVE!」、1年次がTHE BLUE HEARTS「人にやさしく」を演奏して盛り上がりました。そして、有志発表のトリは2年次Uくんで、中島みゆき「糸」の替え歌でした。Uくんの登場で騒然となりました(笑)。
  
  

盛況のうちに有志発表のプログラムはすべて終わり、一般公開も終了しました。
閉会式ではまず、展示していた福祉用具の投票結果を受けて表彰式です。在宅看護論担当のN教員が優秀作品について紹介し、学校長より表彰状を授与しました。
最優秀賞は手足の拘縮や尖足を予防する福祉用具を作製したKさん。とくに足に用いるものは重みを調整して外れないよう工夫されていました。
 
そして優秀賞は、手に力が入らない人のための爪切りを作製したIさんと、
 
手首に障害があり指先に力が入らない人のためのスプーンを作製したYくんでした。
 

最後に、教務主任と実行委員会副委員長のMさんより挨拶がありました。
 
閉会式終了後は全員協力して後片づけして、今年の聖湖祭のしめくくりとなりました。皆さん、お疲れ様でした!

2016年12月15日