Top  >  新着情報  >  戴帽式D

新着情報

第20期生の戴帽式 その5 〜学年担当教員からのメッセージ〜

まるで我が子のように(?)20期生のことを大切に想っている2名の学年担当教員
からのメッセージをご紹介します。

M教員より(戴帽式では、キャッピングの補助を担当)

2年生になると、看護の専門知識、技術ともに、求められることがぐんと高く
なります。そんな中、仲間たちと集まって、日々学習にいそしむ姿に陰ながら
エールを送る私です。20期生は、戴帽式の「誓いのことば」にもあるように、
『素直な心、優しい笑顔で人に寄り添える看護師』になっていかれることと
確信しています。


K教員より(戴帽式の運営と、戴帽生の呼名を担当)
戴帽生の名前を読み上げるとき、本当の意味で看護を学ぶ者としての
スタートラインに立たれたことを嬉しく思い、涙が出そうになりました。
戴帽式に臨んだ際に抱いた思いを忘れることなく、人と人との関係を
大切にした看護師になられることを期待しています。

2011年06月29日