Top  >  新着情報  >  演習風景(口腔ケア)

新着情報

食事介助と口腔ケアの演習がありました

1年次が履修する生活援助技術Uの授業で、食事介助と口腔ケアの演習がありました。
演習ではグループに分かれて、必要物品を揃えて患者役の学生のベッドを訪れ、まずは食事に適した姿勢になるようベッドの角度を調整します。


患者役の学生にストローを差して飲み物を飲んでもらってから、飲み込みやすいプリンやヨーグルトを飲み込みを確認しながらひとさじずつ口へ運びます。
 

口腔ケア。歯ブラシを用いて、お口の中を綺麗にします。
 
  

食事はヒトが生きるために不可欠な行為です。看護師は患者さんの様子を観察し適切に食事がとれるよう援助します。初めての食事介助では一口のさじ加減やタイミングは手探りでしたが、これから練習を重ねて上手くできるようになっていくんですね。

2017年02月16日