Top  >  新着情報  >  演習風景(清潔援助技術)

新着情報

清潔援助にかかわる演習の様子を紹介します

1年次生で履修する生活援助技術Tの清潔援助演習の様子を紹介します。

その1)
全身清拭は、入浴やシャワー浴ができない患者さんに対し、熱い湯とタオルを用いて皮膚の汚れを拭き取り全身の清潔を保つ方法です。

  

教員のデモンストレーションはモデル人形で、学生の演習は同性の学生同士で行われます。全身清拭してもらうと「お風呂に入れてもらったような」感覚を味わうのだそうです。技術試験の制限時間は30分ですが、学生は練習に練習を重ねて制限時間内にできる手際を習得し、その後の実習に臨みます。

その2)
足浴は、ベッド上でベースンに足をつけて行われます。ただ汚れをとるだけでなく、温めることによるさまざまな効果があります。
  

身体が温まって、本当に気持ちよさそうです。
 

その3)
洗髪は、頭髪と頭皮の汚れを取り除くため、移動式の洗髪器を用いて行われます。
 
 

頭をうまく持ち上げて、洗い残しやすすぎ残しのないように洗います。
 

患者さんが身も心もさっぱりした苦痛と不快を一つでも和らげるような援助ができるといいですね。

2017年02月27日