Top  >  新着情報  >  看護の日

新着情報

看護の日を振り返って〜自分たちの考える看護とは〜

5月12日は、フローレンス・ナイチンゲール生誕の日です。
本校でも毎年、看護の日記念行事を開催しています。
今年度は1、2年次生に加え数名の3年次生も参加して、「自分たちの考える看護とは」について語り合いました。

 

1、2年次生より代表5名の発表では、これまでの経験を踏まえたうえで「看護とは」を語った人がいました。
  

また、ワークショップでは入学間もない1年次生からヴァージニア・ヘンダーソンの『看護の基本となるもの』を読んだうえでの意見などを聞くことができました。
  

参加した学生からは年次の垣根を超えて看護について語り合うことができ、有意義な時間を過ごせたという意見が多くきかれました。
 

学生たちの考える「看護」には、まだまだ具体性に欠ける部分も多くありましたが、いろんな患者さんとお出会いさせていただくなかで、自己の看護観を育てていってほしいなと思います。(K)

2017年07月21日