Top  >  新着情報  >  聖湖祭@

新着情報

聖湖祭2017レポート

10月28日、聖湖祭を行いました。
今年のテーマは「Connection 〜人との繋がりが未来への宝物〜」です。看護学実習では病院の方々や患者さんとの出会いがあり、支え、支えられる存在になっていく――。よって、聖湖祭においても出会いを大切に協力し合い、成功させたいという思いから発したテーマでした。夏休み前から取り組み、夏休み返上で頑張って準備していました。

★3年次生の発表
3年次生が1・2年次生に向けて、領域別実習を制覇するためのポイントと「こんな実習をしました」というイメージづくりに役立つ話をしてくれました。

  

★一般公開開始
あいにくの雨でしたが、大勢の方をお迎えし、楽しんでいただきたい気持ちが笑顔に表れています。
   

★模擬店
試作段階から「美味しい」と大評判。当日はさらに「美味しくなぁーれ、美味しくなぁーれ」と、腕によりをかけて作りました。
  
   

飾り付けられた教室でいただく模擬店メニュー。「これ、美味しいね」と会話も弾んでいました。
 

★バザー
バザーの商品は協力病院関係者の皆様はじめ、多くの皆様に例年以上のご協力をいただき、ご来校いただいたお客様にもたいへん好評でした。
 

★リラクゼーション
ハンドマッサージは「気持ちいい〜」と好評です。また、血圧測定は先輩にアドバイスを受けながら頑張りました。
 

★福祉用具展示
リラクゼーションでくつろいでいただいたあとは、2年次生手づくりの福祉用具の展示の様々なアイデアに関心が寄せられました。
 

★和カフェKNC
季節感を表した和の雰囲気の中で、解剖生理学を教えていただいたM講師を囲んでコーヒータイム。
そして、「お待たせしましたー、愛情たっぷりのお抹茶です」。学生にとっては教職員がたてたお抹茶はまた格別だったようです。
 

★舞台発表@1年次生「ナイチンゲール物語」
『ナイチンゲール伝:図説 看護覚え書とともに』(茨木保[著]、医学書院、2014年)を参考に、クリミア戦争におけるナイチンゲールの功績を寸劇と紙芝居にして発表しました。
  
  

★舞台発表A2年次生「白雪姫」
現代版白雪姫では、倒れた白雪姫が本校の学生にBLS(一次救命処置)を受けて蘇生しました。それにしても劇中の白雪姫はスネ毛が濃かった!毒りんごを食べさせる魔女もとってもお似合いでした(笑)。
 
  
  

舞台発表B有志発表
有志発表は若さあふれるダンスとバンド演奏などで、日頃のストレス発散の場となったようです。
 

閉会式@福祉用具表彰
2年次生手づくりの福祉用具の表彰です。
最優秀賞はTくん(拘縮があっても簡単に握れる万能ペンホルダー)
優秀賞はMさん(麻痺があっても簡単に背中が洗えるグッズ)
教員特別賞はFさん(引っ張ったら簡単に締められるネクタイ)
  

閉会式A挨拶
無事に閉会を迎えることができたのは、皆さまの協力があってこそです。
模擬店とバザーの売り上げも即日発表されました。
  
  

バザーと模擬店での収益金は大津市に寄付させていただく予定です。ありがとうございました。(N)

2017年12月13日