Top  >  新着情報  >  演習風景(高齢者への食事介助)

新着情報

高齢者への食事介助と口腔ケアを学びました

5月13日、2年次生が履修する老年看護学援助論Tの授業で、飲み込みがうまくいかない(嚥下機能が低下している)高齢者への食事介助と口腔ケアの演習を行いました。

はじめにベッドの角度を誤嚥しにくい角度に調整します。


唾液腺のマッサージと食前の口腔ケアで唾液の分泌を促し口腔内を清潔にします。
 

水分には増粘剤でとろみをつけ、食事介助を開始します。
 

教員から適宜指導を受けながら行いました。

2年次生にはこのあと基礎看護学実習Uを控えています。臨地実習でも高齢の患者さんに出会う機会は多々あります。実習でのケア同様、熱心に取り組んでいました。

2019年06月06日