Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪9

卒業生からのメッセージ

来訪記録9 〜13期生Mさん〜


 
1期生の卒業記念として中庭に植えられた桜が季節外れにも花を咲かせた10月25日、卒業生が図書室へ調べものにやってきました。
13期生のMさんは、現在最寄りの小児科に勤務しているのですが、すでに1児の母であり、臨月の大きなお腹をかかえています。
第一子の出産がきっかけで小児看護に興味を持ち、小児科に勤務することにしたというMさん。とくに子どもの受診に付き添っているお母さんの不安を和らげたいという思いから、患児さんとお母さんへの声かけを大切にしているそうです。

 
小児科勤務では病気の子どもさんやそのご家族とのかかわりのなかで苦労もありますが、少しでも子どもさんの気持ちやご家族への心のケアができるような看護師を目指していきたいです。

このように、Mさんはこれからの目標を語り、4時間も調べものをして帰っていきました。
元気な赤ちゃんが生まれますように!
 

帰りぎわ、小児科勤務でよく活用しているという図書を紹介してくれました。
『写真でわかる小児看護技術 小児看護に必要な臨床技術を中心に』
                           (山元恵子[監修],インターメディカ,2006年)
 

2011年10月31日