Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪14

卒業生からのメッセージ

来訪記録14 〜9期生Iさん〜

4年に1度しかない2月29日、9期生のIさんがやってきました。卒業からもうすぐ10年。現在、本校の実習受入病院のひとつS病院に勤務されていて、実習指導者として在学生の指導にもあたっています。また、先日のBLS演習にもご協力くださったうちの1人でもあります。学習意欲が豊富で、落ち着いた看護師さんです。

Iさんからのメッセージ

あっという間に看護師10年目が終わろうとしています。臨床では実習指導にも携わらせていただき、学生の皆さんと一緒に楽しく勉強しています。9期生の同期とも、今でも旅行に行ったり、お酒を飲んだりと仲良くしています。看護学校での仲間はハードな3年間を共に過ごしたぶん、深い絆で結ばれています! そして、働いていると悲しいことも楽しいこともたくさんありますが、看護師ってやりがいのある仕事だと思います。皆さん、がんばってください。

実習指導に携わるIさんは、こうも話してくれました。「学生のうちは小説やエッセイでもよいので、とにかく本をたくさん読んだ方がいいですよね。」看護師は膨大な量の看護記録を書きます。看護とは関係のない分野のものでも読書量の多い人は自然と文章力が培われて、いざ記録を書くというときに苦労しないようです。看護師を志す皆さんにはぜひ読書の習慣をもっていただきたいと思います。
卒後10年たっても母校を訪れてくれるのは、学校職員として嬉しいです。Iさん、またお会いできるのを楽しみしています。

2012年03月02日