Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪27

卒業生からのメッセージ

来訪記録27 〜16期生Nさん〜

7月29日の午後、学校協力病院のひとつに勤務する16期生のNさんが近況報告にやってきました。この「卒業生からのメッセージ」にたびたび登場してきた5年目の看護師さんです。2年目に認知症病棟に異動になってから認知症看護に夢中です。

Nさんからのメッセージ

6月、研究発表のため福岡の学会に参加しました。学会では2日間にわたり認知症ケアに関するさまざまな発表やシンポジウムがあり、たくさんの刺激を受け、もっと看護師として成長したいと思いました。あいかわらず認知症看護は楽しくてしかたなく、もっともっと追求していきたいと思います。
 

Nさんは認知症に関する本を1冊紹介してくれました。
『フレディの遺言』(フレディ松川[文]/こころ美保子[絵]、朝日新聞出版、2008年)
この本は前半がとくに読んでもらいたいところです。とてもわかりやすく読みやすい文章で、認知症の人の心の内が書かれていると思います。この本を読めば、認知症の人に温かい関わりができるようになると思います。ぜひ読んでみてくださいね。(Nさん)

 
Nさんは夏休みの自習で図書室に居合わせた1年生とも交流し、認知症の人とのコミュニケーションについてレクチャーしていました。次に来るときははどんな話を聞かせてくれるのでしょうか。

2013年08月08日