Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪50

卒業生からのメッセージ

来訪記録50 〜19期生Kくん〜

8月22日の午後、卒業研究中の3年次でごった返している図書室に、19期生のKくんが来られました。目的は病棟で行う看護研究のための資料集めです。「交流ノート」に協力してくださいましたので、ご紹介します。

Kくんより在学生へのメッセージ

実習や卒業研究、お疲れさまです。
僕は在学中、自分の考え方や価値観を大事にしすぎてとても苦労しました。先生方に「看護師は俳優にならなくてはならない」と言われたことがありますが、それは常に笑顔でいなくてはならないというような意味もあるかもしれないけれど、目の前の患者さんの気持ちになって、その患者さんの考え方や価値観を感じて看護することの重要性を教えてくださっていたのかなと思っています。まだまだ僕は初心者、答えを探しているところです。
在学生の皆さん、たくさん辛いことや迷うことがあるかもしれませんが、乗り越えてください!

 

いつかKくんの探している答えが見つかりますように。

2014年09月03日