Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪51

卒業生からのメッセージ

来訪記録51 〜18期生Uくん〜

10月3日、実習受入病院に勤務する18期生のUくんが、2年次が受講するBLS(ビー・エル・エス)一次救命処置)講習の講師の1人として来られました。「交流ノート」にご協力くださいましたので、ご紹介します。

Uくんより在学生へのメッセージ

BLSの講師として久しぶりに学校に帰ってきました。
看護師1年目でDMAT(ディーマット,災害派遣医療チーム)に入り、学生の頃よりも勉強しています。看護師になってから「自分がなりたい看護師」が見えてきました。
学生の頃は勉強も実習も大嫌いでしたが、今では看護師になってよかったと思います。勉強も好きになりましたよ。
また、実習でお会いすることがあると思いますが、ぜひ声をかけてください。

 
 
Uくんより看護学生へおすすめの本

在学中は教科書が一番大切だと思います。今でもときどき見ています。ただし、常に新しい知識を学ぶようにしてください。

 
後輩たちの前で堂々とデモンストレーションし、指導する姿に、かつて彼を指導した教務主任は目を細めて見ていました。嬉しいことですね。

2014年10月08日