Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪54

卒業生からのメッセージ

来訪記録54 〜16期生Yさん〜

11月4日の夕方、17期生のYさん(写真右)が教員を訪ねて学校に来られました。
図書室に居合わせた2年次学生図書委員のSさん(写真左)と少しばかり交流していただいて、「交流ノート」にご協力くださいましたので紹介します。

Yさんより在学生へのメッセージ

昨年1年間通った助産師学校を無事卒業し、国家試験にも合格できたので、今日はお世話になった先生方に挨拶に来ました。私は子どもが好きで看護学校卒業後は小児・内科病棟に勤めていたのですが、子どもちゃんのお母さんと関わるなかで助産師になりたいなと思い、助産師になりました。
看護学校在学中は勉強や実習があまり好きではなかったですが、友達と遊びながら楽しい3年間を過ごしました。辛かった実習も3年の最後にはたくさんの受け持たせていただいた方々との出会いに感謝の気持ちでいっぱいになりました。実習に出るのが不安だな、と思ったときは受け持ち患者さんとの出会いを楽しみしていましたよ。

 

 
また、Yさんは在学生におすすめの本について、「教科書はいまだに読みます。」ということでしたが、ほかに次の1冊も紹介してくださいました。
『あなたのお産が幸せなものでありますように:139人のママからママへのお産ノート』
                   (左古かず子[監修],いろは出版,2013年)
 出産をされたお母さんの気持ちがわかる本です。母性で学ぶ用語紹介もされています。

 
卒業生が近況報告のために学校を訪れてくださるのは嬉しいですね。次回も楽しみにしています。

2014年11月10日