Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪61

卒業生からのメッセージ

来訪記録61 〜20期生Yくん〜

12月19日の午後、20期生のYくんが病棟でしている看護研究に用いる文献を探しに図書室へ来られました。「交流ノート」にご協力いただきましたので、紹介します。

Yくんより在学生へのメッセージ

働いていると辛いこともありますが、患者さんと話しているときや患者さんに「ありがとう」と言われたときなどに、癒されたり、嬉しいと感じる瞬間は多いです。
臨床に出たらゆっくりと勉強する時間がとりにくいので、今のうちに基礎知識をつめこんでおいてください。ひとりの患者さんのことだけを考えていられるのも、今のうちですよ。

 
照れながら写真に協力してくださったYくんの看護研究テーマから察するに、チームで患者さんにかかわることを大切にされているようでした。

2015年01月09日