Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪88

卒業生からのメッセージ

来訪記録88 〜20期生Aさん〜

5月27日、20期生のAさんが勤務する病棟で行う看護研究の文献集めのため図書室に来られました。「交流ノート」 にご協力くださいましたので紹介します。

Aさんからのメッセージ

仕事をすると、看護学生時代はほとんどなかった医師や他職種との関わりもあって難しいと感じることもありますが、看護をしていて「良かった!」と思う瞬間は患者さんが回復して退院されていくとき、患者さんに「ありがとう」と言われたとき、患者さんと笑い合えているときなどです。患者さんの容態が悪化するなど辛いこともたくさんありますが、すごくやりがいのある仕事だと思います。
在学生のみなさん、学生の間は勉強や実習で大変だと思いますが頑張ってくださいね。
 

Aさんは看護師4年目、新人指導にもあたっているそうで頼もしいですね。

2016年06月14日