Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪95

卒業生からのメッセージ

来訪記録95 〜22期生Nくん〜

9月1日、22期生のNくんが病棟での看護研究の文献収集のため図書室に来られました。「交流ノート」に協力してくださったので紹介します。

Nくんからのメッセージ

現在2年目となり、患者さんと接する時間も多くとれるようになってきました。もちろん2年目となったことでより責任も感じますが、自身のやりたい看護が見えてきたと思います。勉強はいつかはやらなければいけないことなので、まだ時間にゆとりのある学生のうちにしておいたほうがいいかもしれませんよ。

Nくんは「身体のつくりがわかっていれば、ほとんどのことにつながるので、基本が大切だと思います」と、在学生には解剖生理の本をよく読んでほしいと言っていました。

Nくんが入職した病院は本校からかなり遠方にありますが、たびたび図書室を利用しに来られます。何かあったら母校を思い出してもらえるのは嬉しいですね。

2016年10月12日