Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪107

卒業生からのメッセージ

来訪記録107 〜21期生Nさん〜

7月14日、21期生のNさんが図書室に勤務先で行う看護研究に用いる文献を求めて図書室に来られました。約半日かけて熱心に調べものをした後、「交流ノート」にご協力くださいましたので紹介します。

Nさんからのメッセージ

毎日授業に実習、本当にお疲れ様です。私もしんどかった―!!(笑)
精神科といえば、実習のアセスメント、患者さんの捉え方が難しい!と思うことがあるかもしれません。病気の症状ももちろん大切ですが、患者さんってどんな人かな?どうやって人生を送られてきたのかな?と視野を拡げてみてください。意外と看護のヒントになるキーワードがありますよ!

Nさんは精神科病院に勤務され、精神科看護にやりがいを感じると仰っていました。また、Nさんには本校学生の臨地実習でもお世話になることがあるそうですが、Nさんのように看護にやりがいを感じている先輩に関わっていただけると学生の学びも深まりそうですね。

2017年07月21日