Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪110

卒業生からのメッセージ

来訪記録110 〜23期生Yさん「卒業生と在学生の交流ノート」100人目です!〜

9月13日の午後、23期生のYさんが図書室に来られ、病棟で行われる研修に備えて夕方まで調べものなど、みっちりと勉強して帰られました。「卒業生と在学生の交流ノート」に協力してくださいましたので紹介いたします。

Yさんからのメッセージ

看護師になり2年目です。1年目は業務等を覚えることが多く、あっという間に過ぎていきましたが、2年目になるとできることも多くなり、楽しく仕事をすることができています。
精神科は面白い!具体的な表記は今できませんが自分はそう感じています。もちろん症状が悪化し暴力の危険に遭遇すると怖いと思うときもありますが、患者さんの日々の状態を観察して、精神症状の悪化を未然に防いだり症状を和らげることが必要で、それは、精神科看護師の腕の見せどころではないでしょうか。自分も先輩の良い対応を見ながら、レベルアップできるように働けたらと思っています。
 

学生図書委員会の発案で平成26年5月にスタートした「卒業生と在学生の交流ノート」は、くしくも当時の発案者の学生図書委員であったYさんが100人目となりました。昨今ではアナログな方法ですが、紙のノートを通じて見知らぬ卒業生と在学生が世代を超えて交流していただけたら嬉しいです。

2017年09月20日