Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪116

卒業生からのメッセージ

来訪記録116 〜9期生Uさん(旧姓M)〜

11月10日、9期生のUさん(旧姓M)が御用があって学校に来られました。その際に「卒業生と在学生の交流ノート」へ記入してくださいましたので紹介します。

Uさんからのメッセージ

私は患者さんやご家族から感謝の言葉を聞けたときに看護をしていて良かったと思います。
臨地実習で学ぶ基礎となるものが学内での勉強です。在学中を振り返ると、色々な方の講義を受け、色々な看護の体験談を聞き、それらをもとにした勉強は大切でした。日々勉強なので、なぜ?と思ったら調べることを心がけています。

Uさんは、本校の実習受入病院で実習指導者として在学生を指導してくださっています。在学中と変わらぬ笑顔が在学生とのあたたかな関わりを想像させます。今後とも本校の後輩をよろしくお願いします。

2017年12月18日