Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪123

卒業生からのメッセージ

来訪記録123 〜16期生Mさん(旧姓I)&Nさん〜

12月18日、16期生のNさん(写真右)と同級生のMさん(同左,旧姓I)が、近況報告を兼ねて図書室利用に来られました。Mさんが「卒業生と在学生の交流ノート」に記入してくださいましたので、ご紹介します。抱っこされカメラ目線をきめているのは、生後7か月のMさんのお子さんです。

Mさん(旧姓I)からのメッセージ

在学中はさほど思いませんでしたが、実際看護師になってみるとあらためて解剖生理学が大切だと実感しました。看護師になって9年目ですが日々勉強は必要だと思います。

Mさんは育休からの復帰後に備えて調べもの。すっかり常連のNさんはいつものように認知症看護についての情報収集をして帰られました。
今回のように、同窓生が連れ立って学校に立ち寄られたり、図書室を利用されるのは嬉しいことですね。またお待ちしています。

2018年01月18日