Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪138

卒業生からのメッセージ

来訪記録138 〜24期生のおふたり〜

8月9日、24期生のおふたりが近況報告に来られて図書室を利用されました。「卒業生と在学生の交流ノート」に記入してくださったメッセージを紹介します。

ペンネーム)脱!泣いちんげーるさん

1対1で患者さんを看させていただくのって、”学生の今”だけです! 今思うとすごく楽しかったし、大切な時間を過ごさせてもらったなぁと日々感じます。学生のときはしんどくて大変でそんなふうに思えないかもしれないけど、看護師になったらきっと笑って話せるようになるので頑張ってね!

整形外科病棟にお勤めの匿名希望さん

私は患者さんが笑顔で退院されるときが一番嬉しいです。実習は大変だけど、卒業したら役に立つことも多く、最終的には楽しかったと思えるので頑張ってください。

シャイなおふたりからのメッセージでした(笑)。
「卒業生と在学生の交流ノート」は、卒業生が記入したメッセージに対し、それを読んだ在学生がメッセージを書き込み、その卒業生が再訪したときに返信を書き込むことでノートを介した交流が成立するというものです。ふたりはこれまでに記入されたメッセージを見ながら、在学生が書き込む部分にメッセージを記入していました。SNSのやりとりは手軽ですが、ノートによる時間をおいた交流も味があってよいものですね。

2018年09月25日