Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪142

卒業生からのメッセージ

来訪記録142 〜24期生Iさん、Tさん〜

11月16日に近況報告に来られた24期生のIさん、22日に事例研究のため図書室を利用された24期生Tさんが「卒業生と在学生の交流ノート」に記入してくださったメッセージを紹介します。

Iさんからのメッセージ

在学生の皆さん、頑張ってください。
自分の看護観をもって人と関わってくださいね。

Tさんからのメッセージ

毎日の疲労と試験へのプレッシャーがあると思いますが、それは今だけ!!
今を乗り切れば何とかなります。
患者さんやご家族に対して、優しく思いやりのある看護師になってください。応援しています!

Tさんオススメの本

看護の「なぜ・何」QA(野中廣志[著]、照林社、2013年)
   分かりやすくて、実習中にとても役立ちました。

立冬を過ぎると、病棟で行われる看護研究や症例研究に用いる文献を求めて図書室の利用が増えてくるようです。実際、Tさんの前後にも利用がありました。
これから春にかけて、蔵書点検、年末年始休業、学校行事などで利用の受入が難しい日もありますので、卒業生の図書室利用を希望される場合はあらかじめ司書にご相談ください。

2018年12月13日