Top  >  卒業生からのメッセージ  >  卒業生来訪145

卒業生からのメッセージ

卒業生来訪145 〜23期生Fさんと24期生Sさん〜

11月29日に開催した「卒業生との交流会」に出席された卒業生より「卒業生と在学生の交流ノート」にメッセージをいただきましたので紹介します。2組目は23期生のFさんと24期生のSさんです。2人は同じ病院に勤務する先輩後輩の仲良しコンビです。

Fさんからのメッセージ

患者さんの笑顔に元気をもらっています。自分が関わることで発語が増えた患者さんや、出来なかったことが出来るようになられた患者さんを見ると喜びを感じます。また、自分自身に出来ることが増えてくると自信につながり、充実した日々を過ごしています。
Sさんからのメッセージ

私が看護が楽しいと思った瞬間は、自分の関わったことで患者さんが笑顔になったり、話ができるようになったりしたときです。

FさんとSさんの2人が揃ってオススメする本は「教科書」。やはり基本だそうです。

G教員を囲んでたくさん語り合って帰られました。

2018年12月19日